特集中村家具独自仕入れによるユニークな商品のご紹介

歴史的名作 トーネットチェアー

 

当時のウィーンのカフェは、トルコから伝来した新しい嗜好品であったコーヒーを楽しみ、新聞を読み、企業家が情報交換をする大切な社交場でした。

1850年頃にウィーンのカフェ「ダウム」の為に作られたこの芸術的な美しさの「ダウムチェアー」、トーネットのカフェーチェアーの誕生です。

1859年にミヒャエル トーネット(Michael Thonet)によって誕生した曲木チェアー。

150年以上続く ロング ロング ロングセラー

トーネットチェアーは 近代椅子の4大源流の一つをなしています。

1800年初めのナポレオンの権威を誇示する為に作られた、重々しく、ぼってりとして装飾華美な「アンピール様式(帝政様式)」の後、

その後の社会を作ったブルジョア市民のくつろぎと親しみを追求した、簡素・素直・控えめな装飾の「ビーダーマイヤー様式」の影響を受けてウィーンで誕生しました。

トーネットチェアーが愛され続ける理由

①機械生産の為に工法が単純で、価格が手頃である

②曲木加工の為、ジョイント部分が少なく、軽くて、強度が強い。

③デザイン的にも美しいスタイルである。

 

トーネットの活躍が「美しき青きドナウ」を作曲したヨハン  シュトラウス、シューベルト、ショパン、ワーグナーの時代と重なるのは、この美しいデザインと共通するものを感じます。

 

トーネットの商品の探し方

①カテゴリーから探す➡ヨーロッパ輸入家具➡チェアー➡プロダクトリストを見る

②商品情報➡ダイニングルーム➡食卓セット➡プロダクトリストを見る