特集中村家具独自仕入れによるユニークな商品のご紹介

1枚板テーブルの話  No.2

貴重な埋もれ木をブックマッチ技法で蘇らせた逸品

 

ブックマッチ

同じ丸太から続けて切り出された2枚の板材を、開いた本の見開きページの様に並び合わせる技法。

鋭利な鋸を使って挽き分けた2枚の板は,挽き目のロスが極めて少ないので、殆んど同じ物に見える。

同じ2枚の板を相互の同じ側面で継ぎ合わせるこの魅力的な取り合わせは、人間の厳しい目と経験と直感から生み出された成果である。

互いに異なる鏡板を使って適切な並び合わせるを見つけ出すことは時間のかかる作業であるが、

最後には一つの完璧な秩序と調和を持った取り合わせを見つけ出す事が出来る。

この1枚のブックマッチテーブルの中でも際立って特徴のある部分も平凡な木目の部分もある。

激しい暴風雨で繊維組織が引き裂かれ、残った健康な組織が再び結び合って、新しい模様を生み出しているものもある。

何百年もの間、その活力に満ちた樹液が、独特の樹木を育てた。

この木目、この微妙な色彩、この香気、この風貌と同じものは、2度と再び現れる事はなく、1回限りの存在である、

サイズ:220×99cm

楡材埋もれ木

中村価格 498,000円

 

もう一つの素敵なヒストリー・・埋もれ木

平成23年に北海道の石狩湾から1本の丸太が引き上げられました。

石狩川の上流の山に立っていた樹齢100年位の楡の大木が、

200~300年前に台風や大雨などの自然災害で石狩湾に流されて海中に埋もれました。

楡は水に強く、傷み難く、比重が重いので腐らずに海底の土の中に埋もれて炭化して埋もれ木になりました。

大型貨物船の港である石狩湾のしゅんせつ工事の時に発見されました。

そして、埋もれ木ブックマッチテーブルに蘇りました。